『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

『麻布十番』と聞いて思い浮かぶイメージは何でしょうか。

「芸能人や著名人の集うセレブの街」「高級レストランがひしめくグルメの街」「人気アニメの舞台となった街」・・・
テレビ番組や雑誌等のメディアにも頻繁に取り上げられ華やかなイメージの麻布十番ですが、住みたい街ランキング上位を維持するその人気を支える魅力は、実に多岐に渡るものでした。細かく紐解いていきたいと思います。

 

 

『麻布十番』はなぜ人を惹きつけるのか

 

魅力①歴史ある街『麻布十番』

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

「麻布」という街のはじまりは諸説あるようですが、永禄2年(1559年)の戦国大名である小田原北条氏の書物が登場する最古の文献といわれています。

その際には「阿佐布」と書かれており、江戸時代に入ってからも「安座部、浅府、浅生、麻生」などと様々に表記され、現在の「麻布」に統一されたのは明暦元年(1665年)頃とされています。当時、この界隈で農民の副業として麻の布を作っていたこと、もしくは「アサップル(向こうへ渡る)」という意のアイヌ語を由来とする説もあるようです。

 

麻布十番3丁目と南麻布1丁目を区切る仙台坂に名残があるように、麻布十番はもともと仙台藩などの諸藩の江戸屋敷や下級武士の居住地、そして麻布十番の街を見下ろす高台に建つ麻布山善福寺等の門前町としても発展しました。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

また江戸初期から行われた古川の改修が続けられていく中で、一の橋付近が荷上場として利用されるようになったことでの商業の発達、芝から馬場が移転してきたことで茶屋や宿場が作られたことにより周辺地の開発が進みます。
明治期に入るとさらなる発展を遂げ、神楽坂と並ぶ繁華街として栄えました。

 

その頃には既に「麻布十番」という名は俗称として定着していたようですが、この名が正式なものとなったのは昭和37年(1962年)で、「住居表示に関する法律」により、麻布網代町と麻布坂下町の全域、麻布新網町、麻布南日ヶ窪町、麻布宮村町、麻布一本松町、麻布山元町、麻布新広尾町の各一部が合併し誕生しました。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

ちなみに「十番」と付いた由来は、江戸時代に古川の改修工事のため
・第10番目の工夫を出した地域
・10番目の土置き場だった
・10番目の工区だった
など諸説あるそうですが、はっきりとしたことはわかっていません。

 

その後、地下鉄の建設が進む中でも麻布十番には鉄道駅のない状況が続き、車やバス、タクシーでないと訪れることのできない「陸の孤島」としての立地が逆に人気を博すなど独自の発展を続けました。

 

④-1麻布十番駅

 

④-2六本木ヒルズ

 

ついに2000年以降になると地下鉄南北線・都営大江戸線の「麻布十番駅」が誕生。2003年の六本木ヒルズの開業の影響も受け人の流れは変化しつつも、昔と変わらぬ賑わいを誇っています。

 

参照:港区HP「港区の地名の歴史」
麻布十番 https://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/gaiyo/chimerekishi/07.html
元麻布 https://www.city.minato.tokyo.jp/kouhou/kuse/gaiyo/chimerekishi/21.html

 

 

魅力②都内屈指の人気を誇る『麻布十番商店街』

 

都内でも指折りの有名な商店街である「麻布十番商店街」。

30代以降の方なら、うさぎのような髪型をした主人公が活躍する大人気アニメの舞台として認識されている方もいらっしゃるかもしれません。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

一の橋交差点に面した麻布十番駅4番出口をエスカレーターで上がると目に入るロウソクのようなオブジェを目印に麻布十番商店街のメインストリートの入口を入ると、平日・休日問わず多くの買い物客で賑わっているのに驚かされます。社会問題となって久しい、商店街の“シャッター街化”とはまるで無縁の活気ある商店街です。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

美しく整備された石畳の車道や落ち着いた街並を演出するレンガ色の歩道、ヨーロッパの街角を思わせるようなシンボリックなパティオ広場。
周辺には大使館が多数存在するため街行く人には外国の方も多く、インターナショナルな雰囲気と溢れる活気とが同居する稀有な商店街。

 

健全に栄える商店街と街並の景観がここまで保たれているのは、ひとえに麻布十番商店街振興組合の努力の賜物といっても過言ではありません。様々な施設・美観の整備に伴う費用の捻出、“麻布十番ブランド”を保つためのルール作りなど、組合による様々な取り決めとそれを守る秩序ある人々によって、この魅力ある商店街は保たれています。

麻布十番の人気を根幹から支える、縁の下の力持ちです。

 

参照:麻布十番商店街公式サイト http://www.azabujuban.or.jp/

 

 

魅力③人気の街の必須条件、アクセスの良さ

かつての“陸の孤島”も今は昔。張り巡らされた交通網の恩恵をしっかりと受ける抜群の立地です。

 

●鉄道のアクセス

東京メトロ南北線都営地下鉄大江戸線の2路線を利用できる麻布十番駅。
東京メトロ南北線では政治・行政の中枢である溜池山王・永田町駅へは所要時間約4~6分、

都営大江戸線では新橋・銀座エリアへ徒歩圏内の汐留駅へ所要時間約分、新宿駅へは所要時間約12分。

ドアtoドアで通勤時間30分以内も夢ではありません。

 

●バスのアクセス

麻布十番駅周辺には4つの都営バスの路線が走っています。特に便利なのが、下記2路線です。

 

都06系統】渋谷駅~新橋駅間を運行。代官山へ行く際は「東三丁目」、恵比寿駅へ御用の際は「渋谷橋」が便利。広尾病院前の停留所もあり、大変便利な路線です。また渋谷駅へのアクセスは電車の場合は乗換が必須となるので、お時間に余裕のある時にはゆったりとバスに揺られるのも楽しいものです。今の時期、広尾周辺~恵比寿間の明治通り沿いの桜並木が目を楽しませてくれます。

 

【反96系統】五反田駅~六本木ヒルズ間を運行。品川駅にも停車し、道路事情によっては電車で向かう場合と遜色ない所要時間で到着することができます。

 

そのほか、目黒駅~(経由:広尾駅)~東京タワー間を運行する橋86系統、五反田駅~(経由:高輪台駅、白金高輪駅)~赤羽橋間の反94系統も利用することができます。

 

 

魅力④買物の利便性の高さ

 

●麻布十番商店街

前出でも触れた麻布十番商店街。江戸時代から続く老舗から、最新グルメや日本初上陸の店舗など、伝統と革新が共存する成熟した商店街です。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

麻布十番おなじみの老舗(コバヤシ玩具店、豆源)

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

話題の新顔のお店が続々と増えています

 

古き良き商店街の風情を残す店構えのふとん屋さんや呉服屋さん、家具屋さん、たい焼きが全国的に有名な老舗がある一方、日本初上陸となる海外のスイーツ専門店や話題の食パン専門店等、実に多彩なお店が揃います。手土産を探すにも事欠きません。

 

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

焼き鳥屋もも焼きが美味しい鳥章、困ったときに頼りになる川口商店。あいにく両店ともお休み

 

また、夕食のおかずに便利な美味しいお惣菜を扱うお店、日用品が豊富に揃うドラッグストアやコンタクトレンズをすぐ調達したい時に便利なメガネ屋さん、鍵の複製など“ちょっと困った!”にすぐ対応してくれる老舗金物屋さんなど、日常生活に必要なお店も揃います。

 

 

●多様なスーパーマーケット

こちらも、地元客から長く親しまれる老舗から海外発のおしゃれなスーパーなまで、よりどりみどりです。

 

・絶品ローストビーフが名物!老舗スーパー『ナニワヤ』

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

精肉コーナーで手作りしているローストビーフは、地元客なら誰もが知る名物。サシが豊富に入った上質なお肉の味わいがダイレクトに楽しめると評判です。それを目当てに来店する方もいるほどの人気!ほかにも厳選されたオーガニック食品やジュース、“ちょっといい物”が揃う、地元客御用達の老舗スーパーです。

 

・フランス発の冷凍食品専門店『ピカール』

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

焼き上げるだけのクロワッサンやスイーツ、オシャレな総菜やスープなど、フランスのエッセンスを感じる料理を自宅で手軽に味わえるピカールの冷凍食品。一度行くと、あれもこれもとつい買いすぎてしまう、という声も。

 

・オーガニック食品が豊富にそろう『ビオ セボン』

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

前述のピカールの隣にあるこちらもフランス・パリ生まれのスーパー。海外製の珍しくておいしそうな食材は勿論ですが、生産者の顔が見えるオーガニックな野菜たちに心惹かれること間違いなし。カウンターで売られているパンにもそそられます。

 

 

●六本木ヒルズが至近

⑬商店街から六本木ヒルズ

 

麻布十番商店街のメインストリートをまっすぐ抜けていくと、六本木ヒルズに辿り着きます。

大江戸線では1駅ありますが、楽しくおしゃべりをしながら商店街をお散歩しているうちに気づけば到着している、そんな近さです。

 

 

魅力⑤多種多様!あらゆるグルメの揃う街

 

●長く続くには理由がある!庶民派の老舗名店たち

麻布十番=高級店ばかりではありません。麻布十番商店街には良い意味でイメージを覆してくれる、気軽に立ち寄れて味も抜群な名店がたくさんあります。むしろ、これが麻布十番グルメの真髄なのかもしれません。

 

・あべちゃん

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

老舗の人気焼き鳥店「あべちゃん」本店は改装中のため、網代公園近くに仮店舗が営業中

 

1933年創業!現在本店は建物の建替にて休業中、仮店舗と別館で営業中の麻布十番を代表する老舗もつ焼き店。いつ訪れても、ジョッキ片手に自慢の串を楽しむ人々で満席です。お店の前で焼きあがるのを待ち、テイクアウトも可能。

 

 

・たぬ吉

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

とぼけたタヌキが目印の「たぬ吉」

 

愛嬌あるタヌキの絵が描かれた看板を目印に階段を降り日本庭園風の入口を開けると、ベテランの板前さんたちが温かく迎えてくれるアットホームなお店。肩肘はらないその雰囲気で頂けるお料理の数々は、庶民的でありながらいずれも抜群の美味しさです。

 

 

●蕎麦好き垂涎・・・3つの「更科」

更科蕎麦の名店が3店舗店を構える麻布十番。

それぞれに個性があり、気分によって使い分けられる贅沢さは蕎麦好きの方には堪らないのではないでしょうか。

 

・更科堀井 麻布十番本店

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

鴨せいろが人気。運が良ければ、元気の良い女将さんが出迎えてくれます。板わさやだし巻き卵、鴨焼などの伝統的なそば前を頂きながらお蕎麦を待つ至福の時間を味わうことができます。

 

・麻布永坂 更科本店

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

お蕎麦の美味しさはさることながら、こちらのお店で特に面白いのは一品料理の数々。そば前に楽しむのは勿論、季節ごとに変わる趣向を凝らしたお料理は、それを目当てに通いたくなるほど!

 

・永坂更科 布屋太兵衛 麻布総本店

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

蕎麦の実の芯のみを使った贅沢な純白の蕎麦「御前そば」が名物。そばつゆは「あま汁」「から汁」の二種が供され、お好みで味を調節できます。シンプルが美味しい、ツルツルの喉越しとコシを堪能できるお蕎麦です。ちなみに、日本で初めて「そばつゆ」を市販したのはこのお店なんだとか。

 

 

●著名人もお忍びで訪れるお店

イメージ

イメージ

 

芸能関係者や著名人が“お気に入り”を公言するレストランや飲食店が麻布十番にはいくつも存在します。

高級店の紹介は雑誌やテレビにお任せして、気軽に買いに行くことができるパン屋さんをご紹介します。

 

・ポワンタージュ

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

あいにくこの日はお休みでした

 

某ベテラン俳優が足繁く通っているという噂もあるパン屋さん。

「ミルクフランス」が特に有名ですが、見た目がオシャレで味も抜群、食事に最適なお惣菜パンや、ニース風サラダ・鶏のコンフィなどのデリもおすすめ。イートインスペースもあります。営業終了が23時と、遅くまで買いに行けるのも嬉しいポイントです。

 

 

魅力⑥国際色豊かな往来

 

麻布十番近辺では、多数ある大使館や六本木ヒルズなどに日本支社を構える外資系企業で勤務する外国人が多く居住しています。

平日の午前中、パティオ広場の近くでは外国人の保育士さんがちびっこを引率するほほえましい光景に出会うことも。また、元麻布にはいわゆるセレブの子女も通う「西町インターナショナルスクール」があります。

夜の帳が下りるころには、立飲みスタイルのバルに集う客に混ざって様々な言語で会話を楽しむ賑やかな外国人客の姿が見られます。

 

イメージ

イメージ

 

 

魅力⑦人気の公立校

麻布十番周辺では「麻布中学・高校」「東洋英和女学院中学・高校」などの名門私立校がよく知られていますが、この界隈を学区内とする「区立東町小学校」「区立本村小学校」「区立南山小学校」は港区内でもトップクラスの人気を誇り、わざわざ学区内に住民票を移すために賃貸物件を借りる方もいるといいます。

 

 

魅力⑧なんといっても『麻布十番納涼祭り』

主催は、前述の麻布十番商店街振興組合。日本で一番賑わう商店街のお祭り言っても過言ではありません。

 

●人気の高級店も出店!一流グルメを味わえる屋台

たかが屋台、されど屋台。麻布十番納涼祭りでは、名だたる高級店も屋台を出すことがあります。

大変な人気で行列覚悟ではありますが、普段なかなか手の出ない一流の味をお手頃、気軽に味わえる滅多にないチャンス!

ぜひお祭りにお出かけ際には、お目当てのお店の屋台の出店状況を確認し早めに並ぶことをお勧めします。

 

いわき名物「うに貝焼き」

いわき名物「うに貝焼き」

 

また祭り内のイベント「おらがくに自慢」の出店エリアでは、北海道から九州まで全国各地の絶品ご当地グルメが楽しむことができ、毎年人気を博しています。

 

●有名人に会えるかも

お祭りが楽しいのは皆同じ。運が良ければ、プライベートで楽しそうに屋台料理を楽しむ有名人を見かけることができます。

 

㉖祭りを楽しむ人

 

 

やっぱり、魅力的な街 『麻布十番』

以上、8つの項目にわたって麻布十番の魅力をご紹介しました。

通常であれば“特別に楽しむ”ことを日常の中で“普通に楽しむ”ことのできる、“毎日がスペシャル”な生活を満喫したい方にオススメです。

麻布十番、もしくは周辺に住んでみたい!お部屋さがしをご検討されている方は、下記に当社の募集中物件をご紹介しておりますのでご参考にご覧ください。

 

 ●マストライフ麻布十番(麻布十番4丁目)

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

麻布十番駅徒歩1分!一橋交差点すぐそばの駅前に佇むデザイナーズマンション。2016年完成と築浅です。

アクセス抜群の立地で、麻布十番商店街も目の前。1階にはコンビニエンスストアもあり、とっても便利です。

現在募集中のお部屋一覧はコチラ

現在募集中のお部屋の詳細資料(PDF)はコチラ

 

●エムズヴィラ綱町(三田2丁目)

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

 

麻布十番と白金高輪の間に三田2丁目エリアに佇む低層レジデンス。

慶応女子高の裏手に位置し、大変閑静な住宅街です。なかなか空きの出ない人気物件です。

現在募集中のお部屋の一覧はコチラ

現在募集中のお部屋の詳細資料(PDF)はコチラ

 

●ヌーベルモンテ(南麻布3丁目)

『麻布十番』―おすすめの街ご紹介―

麻布十番駅へは徒歩15分ほど。本村小学校近く、閑静な南麻布3丁目の丘に佇む低層レジデンス。

白金高輪、広尾へも徒歩圏内です。

現在募集中のお部屋の一覧はコチラ

現在募集中のお部屋の詳細資料(PDF)はコチラ

 

 

【関連リンク】

『代々木』ーおすすめの街ご紹介ー

『目黒駅エリア』ーおすすめの街ご紹介ー

『白金高輪』-おすすめの街ご紹介ー

***********************************************************************************

株式会社アクセス・リアルティー

03-3479-7107

営業時間:平日 9:30~18:00/土日祝日:9:30~17:00

定休日:年中無休(年末年始・GW休暇・夏期休暇除く)

5月1日(水)~5月6日(月・祝)はGW休暇となります。

フリー検索

物件の種別を選択してください